車を高く売る

車を少しでも高く売るためのコツ

ここがポイントです

車を高く売るためにはいくつかのポイントがあります。

実際プラス査定にすることはなかなか難しいことですが、マイナス査定要素を減らし、少しでも高値で売れるようポイントをおさえておきましょう。
まずは車を綺麗にしておくことです。洗車して外観を綺麗にするのは当然のことながら、内装の細かい部分までしっかりと清掃し、査定の際のマイナス要素とならないようにしましょう。
綺麗だからと言って査定額がアップするわけではありませんが、汚さによる業者へのマイナスな先入観を持たれないようにすることが大事です。
汚れた車はどうしても価値の無い車として査定されてしまいがちで、いくらエンジンなどの状態がいい車であっても汚いだけでマイナス査定されてしまうこともあります。できるだけ綺麗な状態で査定をしてもらってください。

 

汚れの他には社内の臭いにも気を付けましょう。
特にタバコ臭などは残りますので、消臭処理程度はしておいてください。
他には、改造された車はほとんどの場合マイナス査定になります。改造箇所はなるべく純正品に戻してから査定をしてもらいましょう。
そしてく売るための一番大切なポイントとして、複数の札幌の車買取業者に見積もりしてもらう、ということが挙げられます。
業者によっては数十万も査定が違う場合も少なくありません。
1社だけの見積もりでは比較のしようがないため、必ず複数の業者から査定してもらいまよう。
上記のポイントに注意し少しでも満足できる価格となるように整備しておき、なるべく高く買い取ってもらえる業者に売却しましょう。

 

愛車を売った話

この度自慢の愛車を売りました。
アメ車のRVでした。
新車で購入してから6年、距離も4万キロちょっととあまり走っていませんでした。
かなりの車好きだったので、室内のオーディオ関係には約50万円位、アルミホイールは海外から取り寄せて約60万円などと、
改造等含め200万円位はお金をかけていました。
そんな大事な車でしたが、事情があって売ることになり車買取では地元で名の知れた会社に査定を依頼しました。
オーディオは別に売った方が良いと聞いていたので、純正のものに戻しました。
買取業者さんは車を点検し、提示した金額は悲しいことに30万円でした。
アメ車は値落ちが激しいようです。
確かに燃費も極悪で、このハイブリットカーが出ている時代にリッター3、4キロでは人気がないはずですね。
さらに車高を落としたり改造もしていたので、若者向けと購入者が限られるでしょう。
しかし最近の若い人も車を持たなくなっているようで、この30万円という金額は仕方ないのかと思いました。
別の札幌買取店に車の査定を依頼してもどうせ同じだろうと思っていたので、
その場で売却しました。
新車では400万円以上し、なんだかんだで200万位かかっていましたが、売った時は30万円です。
今後車にお金をかけるのはやめようと思いました。

車の処分の仕方は色々ありますが

正直なところ、自動車免許を取得してから40年以上になりますが、この間、何台もの車を乗り換えたり、購入したりしましたが、新車の購入は1台も無くすべて中古車でした。 
中古車の処分の仕方はいろいろあるようですが、次の購入する車の下取りする方法、或いは廃車センターへ持ち込んで、自分で費用を払って処分する、はたまた、買取専門業者に買い取ってもらう、これらが一般的な処分の仕方せしょう。

 

新古車で購入してから凡そ8年ほど経過した愛車を処分して、家の事情もああってワンランク上の車を中古で購入しました。
愛車は日産のミニバン・セレナで、新規に(中古車)購入したのは日産系の中古車センターで同じくミニバンのエルグランドでした。
処分した車のセレナは年式も8年程度で先ずはそこそこでしょう。 走行距離は5万km越えたくらいで、外観などの程度は勿論傷などはなく見た目はかなり良好の部類に入ると思っていました。

 

始めは新規車購入先で下取りとして処分しようとしましたが、当店で下取り価格を査定ししてもらいました。 其の後、ネットなどで車の処分の仕方を調べてみましたが、車買取専門業者に依頼するのも“手“だなと思い、我が家の近くにある全国的にチェーン店を展開しているガリバーというところと、もう一つの地元の業者の二つの車買取専門といったところに持ち込んで検討、見積もりをして貰いました。

 

そして、三つの業者の差を見てみますと結果的には10万円程度の差が出てしまったのです。 
結局のところ、地元の買取り専門の一番高いところで快く買ってもらいました。 勿論、其の金額は新規車・エルグランの購入に当てました。
やはりというか、マイカーを手放すには、第一番が出来るだけ高く買ってもらうのは当然ですし、それには下取り車も含め買取業者は一社のみに見てもらうより、数社によって見積査定が必要なようです。

 

 

2台目ゲット!!

子供が誕生して、自らの通勤と妻の勤務と保育園の送迎があって更に一台必要になり、GET!!
持ち続けられるのか?コストはいくら掛かってくるのか?めちゃくちゃ不安になりにもかかわらず札幌で中古のフィットを買ったたのです。
入手にあたって、一番に車両価格がともかく安い車を探し求めいたんです。
目下生活しているエリアは地元ではありませんので、いずれの中古屋さんが信用できるか?
など何も知識がなかったので、まず第一にお店調査から思い掛けず、2件目に向かった車やさんがうちの実情を伝えたらこの車悪くはないと思いますよ〜と聞かせてもらってすぐ購入しました。
買った要因は中古で買う危うさと比べつぶさに解説して、次の買替え時期などのアドバイスもしてくれたからなんです。

 

購入した中古屋さんは自らの整備工場もあって納得させる力を見いだすことができた。
バッテリー上がりなんかもカバーしていただいたりいきなりの整備にも応じてくれます。

 

それはとってもグッドなお店に出会えてほんとに助かったと捉えているというわけです。

 

子供が誕生して車が必要になる方にイチオシなのが何と言ってもたくさん調査して買うのも不可欠ですが、外せない条件をまとめてから中古屋さんに出かけるのをご提案します。
子供が誕生して〜というと丁寧にアドバイスしてくれる人が多いですからこれは甘えて売りにすることをおススメします(事実なのですし弊害ではないことから)

 


ホーム RSS購読 サイトマップ